昼夜で異なる営業

girl is gentle

最近増えているカフェバーですが、そもそも、どのような業務実態なのでしょうか。カフェバーの多くは朝から夕方くらいにかけては通常のカフェとして、コーヒーやカフェラテなどを提供します。他方、夜は仕事帰りなどに気軽に飲めるようにアルコールを提供することが多いです。このような、カフェバーは、居酒屋などとは少し雰囲気が異なり、また、1時間程度少し飲んで帰るのに適したお店なので需要が大きいです。また、その需要に合わせて、現在カフェを営んでいるお店がカフェバーという形で業務を変えることが予想されます。その際に、バイトの増員も必要になるので、カフェバーでのバイト求人が増えることになります。また、夜の仕事が増えるので、それに伴いバイトの時給も上がることが考えられます。そのため、新たな人気バイトの一つになります。

実際に、カフェバーでバイトするとどのようなことをやることになるのでしょうか。通常、カフェの利用者の多くは、コーヒーやカフェラテなどの飲み物のみを注文し、雑誌を読んだりする人が多いです。このような日中でのカフェ営業の場合には、通常のカフェスタイルと同様のバイト内容になるため、あまり日中での業務に変化はありません。しかし、カフェバーとしての夜の営業は、飲み物のみではなく、サイドメニューを注文される人が多いので、カフェバーのバイト内容として、サイドメニューを作ることに労力を割くことになります。そのため、覚えることも増えます。また、カフェバーの場合、居酒屋ほどではありませんが、客が飲酒をする以上、多少注意をしたりする場合なども増えるため、バイト内容としては通常のカフェよりも負担が増えます。もっとも、当然このような労力が必要になる以上、カフェの場合よりも時給が高いです。また、居酒屋などよりは負担は小さいので、とてもやりやすいバイトです。