ガールズバーの仕事内容

a nice girl on the road

キャバクラなどよりは気軽にできる夜の仕事のイメージがあるガールズバーですが、実際どうなのか、これから働こうとしている女性は知りたいですよね。ここでは気になるガールズバーの仕事内容と求人についてお伝えしようと思います。まずガールズバーの仕事は基本的にバーテンダーになりますから、お客さんから注文されたお酒を作り、世話話をする事となります。求められるスキルとしてはお店で提供しているお酒の種類や作り方を覚え、問題無くサービスできて楽しくお話できる事です。しかし中には店側も利益を上げようと指名制度やドリンクバック制を取り入れている、いわゆるプチキャバ系のお店も多いです。この場合にはより多くのお金を稼ぐ事がきます。求人自体は一般に知られている求人情報誌などのナイトワークカテゴリーで簡単に探す事ができます。ただプチキャバ系のガールズバーが仕事内容やシステムを求人広告にちゃんと表記していない場合もあるので、そこには注意が必要です。

ガールズバーのメリットからいいますと、まず水商売ですからその他一般の求人に比べて「時給が高い」という事です。それから他のアルバイトのようにシフトがきっちり決まっていない場合が多いので、出勤日数や時間帯が自由に選べる点です。あとガールズバーは格好が自由な事が多いです。店内の雰囲気にマッチしていれば問題無いと言われると思います。それからどの求人媒体を見ても求人が比較的多めなので、選択肢が広い点があげられます。これらに対してデメリットをいいますと、まずガールズバーは仕事中ずっと立ちっぱなしなので、足が痛くなってしまう事、そして男性客が女の子をお持ち帰りしたいので、強いお酒をどんどん勧める事が多いという事。ドリンクバック制のお店ではたいへんですね。それからガールズバー勤務を身内バレ・彼氏バレしてしまう可能性があるという点です。地元以外で働いていてもけっこうあるようです。以上、こういった事は求人情報に出ていない点ですので、事前によく調べて体験入店などを経てから始める方が良いと思います。